元銀行員が教える!相続手続きの実印はこれ!

  • 父の銀行口座解約に実印を求められた
  • 実家の名義変更に実印を押せと言われた
  • 相続放棄するって言っているのに実印が必要?
  • 実印なんて持っていない…高価なのを作らないとダメ?

実印を使う場面は、一般的な人なら人生で数回程度です。

その中で代表的なのが相続です。銀行業務では、個人でも法人でも関わってきて、ときにややこしいことになっちゃう案件です。

相続とは、ある権利を持っている人がなくなると、妻や子どもなど一定の権利がある人に受け継がれることです。

マイホームを銀行から購入資金を借り入れて買う場合にも実印が必要ですが、この場合は必要になることが事前に分かっているので驚きませんし慌てませんよね。

でも相続は人の死から始まります。つまり突然。

場合によっては、まだ故人のことへの喪失感が漂っているなかで、親族から書類が自宅に届き、実印を押してくれと書かれていてビックリ!なんてことも。

銀行口座の解約に実印は必要なの?

昔は…なくてもいけましたが今は不可能です

最近は何でもかんでも本人確認、本人確認。

それだけ詐欺やなりすましが増えたためなのですが、そのあおりを受けた?のが亡くなった人の銀行口座です。

亡くなった人の預金は、葬儀費用に使われたり、すぐに分けられる相続財産として重宝されます。なので、旦那さんがなくなったから、奥さんが旦那さん名義の口座を解約したり引き出しに来るに来る…というのはよくある話です。

昔なら、本人が窓口にいかなくてもできた時代がありました。しかし今はとにかく本人が来ること。来ないなら来ないなりに書類を揃えたり、電話で本人に同意を求めたり何かとややこしくなります。

つまり亡くなったら、息子や配偶者でもどうしようもないということ。

それに昔は正直に口座名義人が亡くなったと伝えても即凍結と100%なるわけではありませんでした。しかし最近は凍結されます。

とにかく相続じゃなくて争続が増えており、銀行が気を利かせてやったことでも他の相続人から訴えられるリスクが増えてきたのです。銀行としては、徹底的に事務的にアンパイを取るしかなくなったのが今の現状なんです。

実印を押す理由は何なの?

預金者が死亡した場合、まずその名義を相続人に書き換えることが必要になります。

その際の申請に実印を押すことが求められています。

意味合いは本人確認です。他にも戸籍謄本などを添付して、申請している人が本当に相続人なのか銀行が判断する材料となります。

もっと分かりやすく言えば、銀行が安心するというか、ウチはここまでチェックしたんだから後で何を言われても大丈夫!というレベルまで書類を揃えてよね!というレベルに達するのに、実印が必要になるのです。

また、相続人が複数いる場合、誰がどれだけ相続するのか?という割合を確認するための遺産分割協議が必要です。これにも実印が求められます。

遠い親戚から実印を押してほしいと書類が届いた

遺産分割協議書への押印が求められる

上記の銀行口座のように、土地や建物の名義変更の際に遺産分割協議書が必要になります。

相続人が一人だと認印で済むのですが、名義人にならなかったり、本来の権利分より少ない持分で名義人になる場合は実印が必要になります。

これは法務局に提出する相続登記の書類として法律で定められているからです。だからゴネようがありません。

内容をよく確認するのが大事

不動産の相続登記では遺産分割協議は当たり前の書類。なので実印を押すのもごくごく普通のことです。

問題なのは、ちゃんと書類の内容を理解しているかどうかのほうです。

一見難しいことが書いてあるように見えますが、見るべきところは、どの不動産が誰のものになるのか?というところです。

これは銀行口座であれ、株券であれ、ゴルフ会員権であれ、亡くなった人の資産を分ける際には共通していることです。

慣れていない人は実印を押すことに恐怖や不安を感じますが、そこじゃなくて書類の内容です。重要なのは。

そこと、書類を渡す相手さえ確かなら、実印を押すこと自体が危険を伴うということは通常ないと思っていただければと思います。

遺産はいらないって言っているのに実印を押せ?

一般的に「相続放棄する」というのは「遺産分割する」の意味

銀行に来られるお客さんで目立つのが、亡くなった人の資産が現金預金や定期預金、そしてマイホーム一軒というパターンです。

金額がそれほど多くなかったりすると、実家のマイホームは亡くなった人の配偶者が名義人になる。もしくは、子どものうちの誰か一人が相続してその後売却するというのが多いようですね。

そして実家の名義人にならない人が、

(家の名義人にはならないから)相続放棄する

ということをよくおっしゃられます。

ですが、この相続放棄するという意味は、ほとんどの場合、遺産分割するという意味の人ばかりです。

要は、家の土地の名義人にはならないのだから、ややこしいことは言わないでよ、と言っているのになぜ実印まで必要なの?と疑問に思う人が結構多いのです。

本当の意味の相続放棄

法律用語として正しい意味での相続放棄は、必ず家庭裁判所に申し立てする必要があります。

戸籍や多少のお金(2,000円もしない)などを用意して、必要事項を記載して家庭裁判所に提出します。だいたい1ヶ月ほどで相続放棄が受理されます。

これが本当の相続放棄。

だったら、実印なんて怖いものを押すより、家庭裁判所に行ったほうがよくない?と考える人もいると思います。

ですが、相続放棄をすると、財産類一切合切について赤の他人状態になります。相続するべき人が亡くなっていた場合、その子どもが相続人の立場になる代襲相続もなくなります。

つまり、銀行窓口に提出する口座名義人変更書類も、遺産分割協議書ではなくて相続放棄の証明書になります。

しかし実際のところ、銀行に持ち込まれるのは遺産分割協議書のほうが圧倒的に多いですね。

実印をつくのはどうしても嫌!何かしら事情があるというのを除けば、だいたいは遺産分割して名義人にならないという意味の相続放棄になっています。

私は実印を持っていません!どうやって作るべき?

今ある印鑑でも実印に化ける!?

多くの人が勘違いしているのですが、他人が、

「これ、私の実印なんですよ」

と見せてくれた印鑑を見て、それが本当に実印かどうかどうやって見分けますか?

無理ですよね。

中には、読めない字体で高級そうな、大きな印鑑だから実印じゃない?と思う人もいるでしょう。でもそんな見た目や価格は何にも関係ないんです。

今、タンスに眠っている小さなはんこでも、あなたの実印になりうるんです。

実印とは市役所等に登録した印鑑のこと

実印かどうかを判断するには、必ず市役所等が発行した印鑑証明書が必要になります。

この印鑑証明書に記載されている印影と一致する印鑑が実印になります。

だから、役所に登録した印鑑が実印になるわけ。しかも、小さすぎる、大きすぎるといったいくつかの条件を除けば、認印のような安物でも実印になるんです。

相続で初めて必要になった実印…買うべき?買わないべき?

今手元にある印鑑で実印登録してしまえば、それでもって相続手続きに参加できます。

じゃあそれでいいじゃない?という人は、もちろんそれでO.K.なんです。相続のためにあえて印鑑を作成する必要はありません。

ただし、完全に機械彫りで同じ字体のものが手に入る印鑑の場合、渡した相手が同じ印影の印鑑を用意し、相続のために渡した印鑑証明書を別のことに使い悪用するケースは考えられます。

なかなかないケースですが、過去にあれこれあったような間柄なら、個人的にはどうなのかな?とは思いますね。

安いけど実用性が高いものでも3,000円ほど

あと、一度相続手続きをやると、後になって追加で相続手続きが出て来るケースも結構あります。別の身内が亡くなって、その相続人になることもあります。

それだったら、1本ちゃんとした実印を作っておいたほうが後々安心なのでは?とも考えられますね。

街の印鑑屋さんではなかなか高価なので、相続手続きのために購入するのは気が引けるでしょう。しかし今はネット通販が当たり前。

とは言っても出来栄えは全く変わりません。印影も同じもものができないセキュリティもしっかりしています。材質や素材、字体など細かく選べて3,000円ほどから作れるのは大きなメリット。

作るべきかどうか悩むくらいなら、サッと作ってしまったほうが用事も片付きます。だいたい2,3日で手元に届くので、急ぎの場合でも対応しやすいのがネット通販のいいところですよ。

相続のために実印を作るならどんなものが無難?

相続手続きをすることになる年齢となると、一般的には親が高齢のときの話。ですから働き盛りの年齢だったり、ご自身も定年ということが多いですね。

だから体裁面でもある程度こだわっておきたいところもあるけど、今まで必要としなかった実印にお金をかけるのもなあ…といったところでしょう。

男女性別によっては、それぞれ別にページを設けてあります。そちらもどうぞ。

女性の実印 男性の実印

価格帯

3,000~5,000円程度の実印を1本作っておくと何かと安心。そして見た目、印影としても高価なものとそれほど遜色ないものが手に入ります。

素材

木材感があるオーソドックスな柘、もしくは黒毛水牛がベーシックです。

若い人にはチタンやいろいろな素材を選ぶ人が増えてきていますが、とりあえずの作成なら上記2素材が無難、かつ多くの人が使っており全年齢、性別問わずに安心です。

もちろん好きな素材を選べばO.K.ですよ。

相続手続きの場合、基本的に他人の前でハンコをつきませんからね。だから見た目がどうとか関係ないのです。

字体・印影

ベーシックな、一見読みづらい字体がおすすめです。

やはり手続内容的に重いものなので、新たに作るのならそちらのほうがサマになります。

若い人なら読みやすい字体でもいいですが、ある程度の年齢を召されているならポップに映りやすいので注意。

大きさ・太さ

一般的な男女別サイズを参考にしておけばいいですね。大きすぎると、用意された書類枠からはみ出すこともあります。

かといって小さすぎると見栄えがいまいち。

男性は16.5mm 女性は13.5mm。

両方対応するのが間の15mmです。このあたりは見た目的に実印らしいですし、使い勝手もいいですね。

相続のための実印作成に私がおすすめするショップとその理由

相続手続きのために必要となる実印は、ときに急ぎの場合もあります。ネット通販だと時間がかかりそうと思う人もいるでしょうが、実際は逆で街の印鑑屋さんより早いです。最短翌日です。

また出来栄えや、同じ印影が他の同姓同名に作られないか?という不安もありますよね。

ですがその点は完璧に対応しています。というか、そこをしっかりしていないと、不安でネット通販注文する人がいなくなってしまうので。

後は実績のあるショップに依頼するだけです。

印鑑ということで値段が高いお店のほうが安心…というイメージもあるでしょうが、これも逆で無駄に価格を上乗せしているショップも見たことがあります。

以下は実際に、銀行時代にお客様から教えていただいたショップです。どちらも出来栄えはよく、数千円のものが街の老舗印鑑店5万円のものと遜色ない出来栄えでした。

はんこプレミアム株式会社 Inkans.com

高級印鑑と同じ質をお手頃価格で

実績、質、安全性、そして価格において確かにバランスが取れています。こだわりがないならここの柘、黒毛水牛で作るのがベストでしょう。

印影修正もできるのでネット通販が不安な人も安心。10年以上の実績があり変な噂は聞きません。

納期 通常は翌日発送、+300円で最短即日お急ぎ発送
送料 全国一律540円、5400円以上無料

株式会社ハンコヤドットコム

価格は若干高めながら知名度は上

ネット通販としての印鑑ショップでは知名度No.1ですね。それだけ利用者が多いということ。

上記のIncans.comより価格が少しだけ高めの印象ですが差はごくわずか。ではその分質がいいかというと、正直素人に違いは分かりません。差はないと思って良いのではないでしょうか。

どちらかというと、チタンなど特殊素材のバリエーションに強い印象です。どうせ作るならいろいろ検討してみたい人はこちらをチェックしておかないと損でしょう。他でオーダーして後から見ると、こんな素材もあったのか!?となるかも。

納期 通常は翌日発送、+54円で最短即日お急ぎ発送
送料 全国一律540円、5400円以上無料